2005年11月01日

うつ日記-その2

2005.11.01

 世間さまには申し訳ないが、うつ休み第2日

 今朝の気分は最悪。やはり仕事は無理だ。ぼくはふとんの中で、パートナーのやさしさに泣いた。そのままで、あなたはすばらしい存在だ、という言葉ほど大きな癒しはない。何かをすることではなく、あるがままで人間は価値がある。そうはいっても、平日朝からふとんをひっかぶってる「役立たず」という思いは強まる。この自己嫌悪の渦に巻き込まれるのがうつである。

DSCF0018.JPG(クスノキを相手に樹林気功をする)

続きを読む


posted by jksk at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼくのうつ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。