2006年03月20日

横浜寿町訪問その3〜今日一日を生きる

DSCF0062.A tree and Sun
ケヤキがすくすくと野に立つように

2006.3.13
 
「きょうのひと日をあゆんでゆき
 ゆうがたをむかえたらば
 きょうすごしえたるを
 手をあわせて
 おれいをもうしたい」

  (八木重吉『寂寥三昧』より 大正十三年)

続きを読む


2006年03月18日

横浜寿町訪問その2〜人生に取り組む

DSCF0051.panna
春のしぶき

2006.3.13
 「寿アルク」。スラムのど真ん中にあるアルコール依存症回復者のための施設。そうきくと、ちょっと構えてしまうが、ジャンの笑顔に導かれるように、入っていくと他のスタッフもすごく気さく。しかも驚いたことに、日常話す言葉が、「これもハイヤー・パワーのおかげだよね」とは、これいかに??

続きを読む

2006年03月13日

横浜寿町訪問 その1

DSCF0030.kotobuki DSCF0034.shacks
歩きまわった寿町の夕暮れ  川べりのハウス、町外れの運河で

2006.3.13

 誕生日。ある講座で一緒になった、ジャンに会いにいく。横浜寿町。そこは日本三大ドヤ街のひとつ。中華街にほど近いたった250メートル四方のブロックのなかに、一万人がひしめいている。

続きを読む

2006年03月10日

心のお休みどころ

DSCF0004.Lunch DSCF0006.Bonno
玄米カレーランチセット  この窓辺でよく語り、本を読む

2006.3.10

 このレストランの窓辺で、ときどきくつろぐ。バックには品のいいジャズがいつもうすく流れている。玄米はふっくらたけているし、コーヒーはまろやかで冷めてもうまい。

続きを読む

患者さんの本音

DSCF0177.cultivate
春一番、畑を耕す

2006.3.9

 土に飢えている。畑をやりたいと切望する。でも、病院で週に二回、農作業のプログラムを行っていることは救いだ。ほとんどぼく自身のためにやっている、というのが本音である。

続きを読む

2006年03月06日

岩下徹さんのダンスセラピー

DSCF0049jinchouge DSCF0048.denenchofu
はじめてみた沈丁花/春日和の小さな駅(田園調布にて)

2006.3.5

 久しぶりに岩下徹氏のダンスワークへいった。これで数回目である。彼はかの「山海塾」のダンサーであり、20年近くも精神障害者のダンスセラピーを実践してきて、どこかの美大の教授である。

続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。