2007年03月05日

★終了しました〜べてるの家のワークショップ--当事者の力

*2007年3月3日(このすぐ下)の催しに参加したあと、私自身の体験も含めて書いたものです。


世に統合失調症というものがあり、うつ病や人格障害が流行り病のように言われている。それらは定義されることによって初めて存在することになった病気である。

しかしじつのところ、病名でひとくくりにされるものではなく、ひとりひとりが生きているという、個々の現実にそったかたちでしか癒されていかないと思う。

続きを読む


posted by jksk at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の歩んできた道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終了しました★べてるの家のワークショップ@厚木市

*自分の苦労の主人公になる* べてるの家との「当事者研究ワークショップ」

 世界初、北海道浦河町の「べてるの家」が考案した「当事者研究」。精神障害を体験した当事者が自分で、そして仲間とともに、自己病名をつけ、生きる苦労のメカニズムを解明し、自分の助け方や守り方を身につけています。

「当事者研究」の考案者である向谷地生良さんとべてるの家のみなさんをお招きし、その理論と実際の方法を学びます。

「べてるの家」ホームページ
http://www18.ocn.ne.jp/~bethel/

詳しくはこちらをクリック
posted by jksk at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。