2008年11月25日

回復への道のり その3

3.jpg
最近のコンサートにて(神奈川県平塚市)


前回、回復のきっかけとして、(意識的にではなかったけれど)表現し始めたことを書いた。

表現の特徴のひとつは、何かを作ったり行ったりするだけでもエネルギーが内から湧いてきて、たとえ発表する機会がなくてもその行為自体が自分を活性化することだ。

さらにそれを受け取る相手がいるなら、その反応によってコミュニケーションが生まれ、次の制作にフィードバックされてますますやる気が起きたりする。

続きを読む


posted by jksk at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の歩んできた道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

回復への道のり その2

IMG_4226.JPG
泡立つ朝のミルク インドの旅から

(前回からの続き)
前回、2年の入院のあと追い出されるようにして退院したと書いたが、実際に入院生活が耐えがたく、いろいろな騒ぎを起こした挙句、「うちにいてもらっては困る」という主治医の言い渡しで追い出されたのである。

続きを読む
posted by jksk at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の歩んできた道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

私の回復への道のり その1

IMG_4260.JPG
いんどの旅から 「果物屋さん」


最近クライアントのYさんから、「島田さんはどのようにして今のように回復したのですか?」と訊かれた。

この問いをきっかけに、10代の終わりに躁うつ病を発症して以来、自分がどのような道をたどってきたのかを振り返ってみることになった。これが自分の一里塚になるとともに、他の人の参考に少しでもなるとしたら、意味があることかもしれない。

そこでこれから何回かにわたって、自分の回復への道のりをたどってみたいと思う。この問いを投げかけ、貴重な機会を与えてくださったYさんには改めて感謝を申し上げたい。


続きを読む
posted by jksk at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の歩んできた道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。