2021年04月17日

本当の回復って?

IMG_2565.JPG

今年の5月から、神奈川県の厚木市で、精神障害を持つ人、経験した人、いきづらさや悩みを抱えている人が集うことのできる、自助的なグループ「ふらっと」の世話役をしている(毎週火曜日午後)。

「的」というのは、まだグループが自助というまでの安定を迎えていないからであるが、毎回新しい参加者があり、そのたびごとに新たな風が吹き込まれる状態のほうが、本当は柔軟でいいのではないかとも思う。

お茶を飲みながら思い思いに雑談する時間もあるが、大切にしているのはあらたまって話をしようという、「ミーティング」の時間。参加は自由、パスもあり、という選択も保障しながら、おしゃべりと、悩みごとの投げかけの中から、自然とその日のテーマが出てくる。

一人暮らしのさびしさ、難しさ。親との関係。仕事につくことの不安。お金との付き合い。将来のこと。。誰でもが持ちそうな悩みが、耳をかたむけ、批判されないという安心感の場で受け止められると、解決しなくても、なんだかほっとした瞬間が訪れる。

ある日、これは精神科の話だが、退院して、デイケア(社会復帰のために、作業や人間関係などを練習する場、多くは病院などに設けられている)、社会福祉施設や作業所、一般の就労へ、という階段を上っていくのが回復とされているが、現実にはなかなかそうはいかない、という話が出た。だいたいどこかの段階にとどまるか、戻ることもあるという原状からだ。

いったん「上の段階」へ進むと、以前の人間関係は、なにか後退するような気がして遠ざかりがちという話も。たしかに、ぼくもそういう覚えはある。だが、かつての病院仲間、しかも2年近くも部屋を同じくした仲間に奇跡的に再会し、かつてと今の苦労を時々話し合うようになってから、彼にしか話せないような、ぼく自身の苦しかったが真実の体験が思い起こされて、それゆえに今があることを再確認している。彼はそんな「戦友」のような間柄である。

「ふらっと」の場で共有されている話も、それに近いものを感じる。もちろん初めての人もあり、体験もそれぞれ違うので、すべてというわけではない。けれども、どこでも話せるわけではない、心の深い苦しみを受け止めてもらえる場は、まったく同じ体験をしたわけでなくても、共感によって、支えてもらえたという実感がある。何よりぼく自身がそう感じる。

そこには上も下もない、ただ、お互いに悩みを抱えなおかつ生きていく仲間がいる。その部屋までやってきて、出会えただけでもほっとする。それは、競争で相手をしのごうとする外の社会と違って、弱いままのお互いをふわっとしたクッションで受け止めあう、場である。

その安心感と支えがあってはじめて、自分の問題を見つめる力も湧いてくる。階段をひたすら上るのが、ただでさえ困難な人たちがここには集っている。そんな右肩上がりの成長から降りたからこそ、見えてくるあり方もある。それは上を見上げることよりも、深みを見つめることであるようだ。

この弱き、小さなものたちの週に一回の集いは、自然と、自分という井戸の底に映る風景を見つめるような時を持っている。それぞれが人の話を聴きながら、自分にも思い当たる感慨を抱くことがある。

そのとき、ぼくたちの井戸は、じつは地下水脈でつながっているのだ。そのことをどこかで、察しているから、こうして集まってくるのかもしれない。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。