2005年11月01日

うつ日記-その2

2005.11.01

 世間さまには申し訳ないが、うつ休み第2日

 今朝の気分は最悪。やはり仕事は無理だ。ぼくはふとんの中で、パートナーのやさしさに泣いた。そのままで、あなたはすばらしい存在だ、という言葉ほど大きな癒しはない。何かをすることではなく、あるがままで人間は価値がある。そうはいっても、平日朝からふとんをひっかぶってる「役立たず」という思いは強まる。この自己嫌悪の渦に巻き込まれるのがうつである。

DSCF0018.JPG(クスノキを相手に樹林気功をする)

 ただ、うつだうつだと言っていてもしかたない。昨日書いたように、それなりのうつの過ごし方をしてみないことには、うつ日記の面目はない。
 
 リハビリ科には、うつなので(他の精神科の)病院にいってくる、今週は療養のために休みにさせてと伝えた。職場に理解者がいるのもありがたい。そのつど今はそう的、うつ的、と伝えてきたから、そろそろきたんだなと分かってもらえるのが楽だ。まわりにも誤解をされずにすむ。

 患者に対してああだこうだとアドバイスしている手前、自分で自分の病気に対処できないのも困りものだし、今回はとくに自己救出作戦、自分研究という意味もあるので、いろいろやって、、、いや、いけないクセが出た、あんまりあれこれやらずに、自分を追い込まない、季節柄ちょっと冬眠ぽい過ごし方を工夫したい。

 ぼくが勤めているのは、精神科の病院であるから、当然ぼくと同じ病名の人もいる。ある患者さんには、ぼくの病名も症状も話すことがある。最近、どうもうつっぽくて危ないんだよね、と話したら、「自殺だけはしないでくださいね」と真顔で言われた。

 今日はその「他の病院」、クボクラ医師のところにいってきた。うちの病院にはかかりたい医者がいない。同じ薬をもらうのでも、医者によって効きがちがう・・・と、安定剤がほしくて訪ねたのだが、開口一番「今ころどんなツラ下げて、のこのこやってくんですか!!」と一喝されてしまった。

 びっくりである。

 この前きたときには、まあ何かあったら顔でも見せてくださいよ、って言ってたじゃないか。。。患者に向かって、しかもうつ病者に向かって、ばりばり怒る。自己管理がなっていない、自分のことが良く分かっていないということなのだが、この医者は徹底的に、病気を持ちながらの生きる姿勢をついてくるのだ。

 病気ではなくて、その人の今のありようを見てものを言うので恐い。実際ものすごく恐い。それほど真剣に怒られるということは、親にだってめったにあることじゃなかったので、大変だ。逃げることもできない。病気なんてやっていられなくなるほどである。

 ガンよりも、エイズよりも、ずっとひどい病気、それは医者を頼る、薬を頼るという病気なんだといわれる。あせって何かを解決しようとすること、季節のめぐりを待つように自然の流れを信じて任せず、あせって解決しようとするのがよくない。何でもそうだ、政治もイラクもだから間違いなんだと、話は脱線していきとどまることがない。

 できればあなたには薬は出したくないんですがねぇ、、と、自分で何とかやってみろという示唆である。この人は、じつによく人を見て押したり引いたりする。医者ではなく、むしろ禅の師家のようである。安定剤はもらえたが、自分の本質をよく見ろという課題をがっちりと正面から突き付けられて帰ってきた。

 病院に寄ったあと、パートナーのさなえがついてきてくれていたので、小田原からずっと上ったところにある"一夜城"という古い城跡の森へいき、大平洋を眺めながら気功を行った。うつ状態にはクスノキがいいと聞いたので、このあたりで最も多い樹種のひとつであるそれを相手に気功、そして弁当。

 高速で箱根のふもとから厚木までいき、図書館でCDや本を探す。11月号の芸術新潮が、「アール・ブリュット」の特集をやっていて、魅入られた。いわゆる社会から大きくはずれたような人たちが、異様なエネルギーを発揮して製作した芸術作品をそう呼ぶらしい。尋常でないエネルギーは写真からも伝わってきて、すっかり疲れてしまった。

 今の状態だと、通常の三分の一のエネルギーしか出ない。ものごとをするのに常人の三倍の時間かかると思っていればいい。今日はちょっとやり過ぎたと思う。病院へいき、山に行って気功をし、図書館へいった。とくに大勢の人のいる場所に弱い。それにしても、クボクラ医師の話を聞くだけで一日のエネルギーを使い果たしたと言えるかもしれない。

  風呂に入って寝ることにする。
 


posted by jksk at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼくのうつ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。