2005年11月09日

うつ日記 その9

 今回与えられた"うつ"というこの課題が、思ったよりもはるかに大きいことを知る。現象としてめぐり来るうつよりも、ずっと重く、深い。今回は、ブログという場があるので、はじめてリアルタイムで日記のようにこれを書いている。

DSCF0056.JPGa

 すでに検索に少なからず引っかかってきているので、これを読む未知の人もいるだろう。その人がどんな気持で読まれるかはわからないが、ブログが新しい表現のしかたとコミュニケーションを与えてくれていることは確かだ。最近のコラムで、引きこもりに対する新しいツールとして、ブログは優れたものだという指摘があった。

 ぼくも現在、半分引きこもりのような状態である。ブログはうつを支える杖である同時に、人からのフィードバックによって新しい見方を与えられる機会も提供してくれる。

 この一ヵ月で仕事場に行ったのは、一週間ほどではないだろうか? ほとんど失業状態といっていい。いや、もしかしてもう失業しているのを自分が知らないだけかもしれない。収入の途絶や行く先のことなど、不安がつねにつきまとっていたが、今朝はそれが昨日、日の出とともに朝靄が晴れていったように、パーーッと切れて見えてくるものがあった。

 おまかせしていい。心配の根拠は自分の心の中にしかないことがわかる。エゴにできることは、現実のほんの小さな部分でしかない。そして、その中で生きている限り、多くがうまく行かない。また、うまく行かなくなったときに息詰まってしまう。

 クボクラ医師の「それみたことか」という笑い声が聞こえてきそうだ。だからおまかせしていればいいものを、と。

 エゴは小さいが、神にできることは大きい。こういう心境の時はめったにないから、そのままを書いてみよう。収入や未来の心配はささいなことだ。それよりももっと大きな仕事がある。どこに意識をフォーカスするかで、その人の体験する現実が変わってしまう。

 自分がすでに"知っている"ことは、意識していることよりはるかに広い。知っていることを思い出せば、自分の仕事が何であり、何をすべきかが分かる。生き方は、その瞬間ごとの選択の連続だ。選択することなしに、ただなすがままの人生は、囲いの中で飼育されている家畜のようなものである。

 なすがままになる、と、おまかせするとは大きな違いがある。おまかせするには、エゴがしがみついている不安を手放す必要がある。その時に自分のありのままの情けなさやみじめさを感じるだろう。縮こまったかたくなな自分に直面させられるだろう。そこに勇気がいる。古い小さな自分に親しんできたものにとっては、その勇気を出すことは不可能に思えるほどだ。

 雷のように、強烈な奇跡が訪れてくれないかと、期待したりもする。しかし、その最初の一撃をもたらすのは自分自身なのだ。そして自分にはその力がある。生来の能力として与えられている。その力に信頼することだ。

 これまでぼくは、人生の節目ごとに、直感に従って行動してきた。しかし、またある時にはその直感を疑いだし、もとの居心地のいい場所に撤退してきたりもした。その時に目が曇り見えなくなっている。おまかせする時には、すでにそれは現実になっているのだという信頼が必要だ。というより自分はそれが実現していることをあらかじめ知っているのである。

 今ぼくは、昔自分が書いたものや、発言したものを読むことで、それらから導かれている。メキシコに広島の火を運んだ時、フランスのプラムビレッジへ行った時、中米の平和巡礼を歩いた時、インド巡礼の時、帰国後生活をはじめた時、それらを始める前、すでに成就していることを知っていて行っていた。

 「まず神の国を求めよ、そうすればあとのものは与えられる」。求めるべきものが転倒しているのがつねだ。神の国とは何か。知っているくせにしらばっくれるのはもう止めよう。

 自分が母親の胎内で負ったストレスがとても大きなものだったことも分かる。母が亡くなった時に出てきた日記があるのだが、それは彼女の結婚直前のものである。そのあたりにぼくの出生時に用意されていたものの消息がある。今までタブーとして、というより恐くて読めなかったのだが、そのノートをひも解いてみようと思う。

 傷も歪みも一抱えにして、まるごとの自分がここにいま存在している。その自分を神に向かって開け放てば、細々としたセラピーはもういらない。それは、イエスが、「あなたはどうなりたいのか?」と問いかけた時に、「よくなりたいのです」と答えた寝たきりの人が、たちまち床を取り上げて歩きはじめた奇跡に似ている。


posted by jksk at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼくのうつ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。