2006年02月09日

毎日が発見!

DSCF0020spiritual
なんだかこれはすごそうな写真。このごろ太陽ばかり撮っているな。

2006.2.8

 復帰後、約一週間。本当に毎日が新鮮。なにしろ、入院患者だけでも280人いるんですから。

 それだけの人間が共同生活していると思うと、これはすごいことだ。このごろインフルエンザが流行っていて、大変である。というのは、院内感染しないように、作業療法も最小限に押さえられているからだ。国家試験に通って、いよいよこの道に行くしかないのだと思うと、気持がますます新たに。。。

 今日は、お年寄りの患者さんでけっこう痴呆の進んだ人、しかし、まだらなのでときおりはとてもはっきりする。彼がコーヒーで一服休憩の時に、突然、「砂糖!」と叫んだのです。それで、砂糖をスプーンにすくって入れてあげると、今度は「うまいっ!」見ると、なんともいえない最高の笑顔。彼のそんな笑顔は3ヵ月ぶりくらいだったね。

 どんな人の中にも、神はいるなぁと実感するこのごろ。すごくささいなことの中に、その兆候が認められる。だから、こちらも心を開いて敏感じゃないとならない。毎日、そんなやりとりができる仕事って、、、やっぱりこれは天職だなぁと思う。

 今日もまだ、患者さんから久しぶりだねーーー、生きてあえて良かったねーー、なんてあいさつをもらった。実際、死にそうになった人だけに実感こもってる。一日一日、それぞれの人の精一杯が見えてくる。みんなよく生きていてくれてました。すごいことだよ、生きてるだけで。


posted by jksk at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の歩んできた道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。